神戸スイーツ・コンソーシアム・in東京 第4回

今回のチャレンジド・プログラムの講師は、日頃大変お世話になっている「神戸ブーランジェリーコム・シノワ」の西川功晃シェフ。
「ポテトパン&ベーコンとチーズを使ったガレット」を受講生の皆さんと一緒に習いました。

ブーランジェリー コム・シノワ 西川シェフ

西川シェフとナミネーさん。

こね作業のご指導

秘技のこね作業を伝授。
ネバネバの生地を、あたかも固まった粘土のように扱うシェフはまさに匠!

生地の硬さを確認中

受講生には日頃パン作りに精通した人もいる。
生地を扱う手つきも慣れたもの。

焼き前の最終仕上げ

焼く前の生地にオリーブオイルを塗り、箸の背で穴をポツポツ、粗塩をパラパラ表面へ。

絶品ポテトパン

こんがり小麦色に焼き上がったポテトパンに誰もが大絶賛!

およそ4時間あまりで6種類のパンが大量にできあがった。
お疲れ様でした!

西川シェフの講習会は、毎回沢山の種類のパンが出来上がりとても勉強になります。
私共の微砕粉バニラプードルも食事パン・菓子パン生地などに練り込んでご利用いただいております。ラッキー
いつもありがとうございますよつばのクローバー
maloloblog | フェアー | 21:40 | - | - | - | - |

神戸スイーツ・コンソーシアム・in東京 第3回

先日、日清製粉にて神戸スイーツ・コンソーシアム in 東京「チャレンジド・プログラム」第3回目が開催されました。
今回の講師は、「コンディトライ ノイエス」野澤孝彦シェフによるオーストリア伝統菓子、「ヌスボイゲル」と「ケーゼゲバッケン」の2品を受講生の皆さんにご指導されました。

今回、野澤シェフのご厚意により、私共の「微砕粉バニラプードル」を2品の外側生地の中に練り込んで、ご使用頂きました。

左:野澤孝彦シェフ 右:八木淳司シェフ

講師の野澤シェフ。右側の方がマイスター八木シェフ。

ヌスボイゲル

焼き直前「ヌスボイゲル」
歯みたいなので載せてみました。

ヌスボイゲル

名前の由来:ヌスは「クルミ」「木の実」。ボイゲルは「曲がっている」という意味。フィリング(詰め物)にローストクルミ・ケーキクラム・シナモンなどが入りとても香ばしく菓子パンのようであった。
これが、アメリカに渡りドーナツ形になり「ベーグル」になったという!

ゲーゼゲバッケン

「ノリエット」の永井シェフもこの日は、補佐としてご指導されていました。

ゲーゼゲバッケン完成

ケーゼゲバッケン完成!生地はサク&ホロッ!。
中のチーズフィリングはフワ&トロッ!食感。
甘過ぎることもなく素材の味が活かされた食べやすい菓子であった。

2品とも始めて見て学んだ伝統菓子。
それぞれのお国の菓子には物語(由来)があり、とても興味深いものでした。
どうも有り難うございました。
maloloblog | フェアー | 00:01 | - | - | - | - |

ケーク オ ポワール

先日、高田馬場にある東京製菓学校で開催された講習会にお邪魔してきました。講師は世田谷・下馬にある「シニフィアン・シニフィエ」の志賀勝栄シェフ。
受講者はパン屋さん・ホテル・レストランのトップシェフの方々。
私一業者として参加。

シニフィアン シニフィエ志賀シェフ

志賀シェフ

ケーク オ ポワール

ケーク オ ポワール
表面のクランブルの中に、パプアニューギニア・マヌス島産バニラビーンズをご使用いただきました。
講習会中、ハード系ブレッドのなかで唯一の菓子パンにご使用頂きました。感謝感激雨霰今台風!

ジャン フランソワ 北澤シェフ

志賀シェフの補佐役としておられた方は、Echika表参道「ブーランジェリー ジャン フランソワ」の北澤シェフ兼マネージャー。

ブレッド1

ギャンだ!

ブレッド2

「外側パリッ!内側モッチモチ!」

厳選された食材。そのストーリーやレシピの組み立て方。
計算されつくされた分量と時間配分。糖類による焼き目の違い。
天然酵母の遺伝子数。師匠の話まで。
奥が「深ぁい〜」話ばかり。
勉強になった講習会でした。
maloloblog | ニッキ | 08:21 | - | - | - | - |

パプアニューギニア8月11日

8月11日パプアニューギニアにて小型飛行機が墜落。
残骸が空からの捜索で発見された。
同機には日本人1人のほか、乗員2人を含めパプア人3人、オーストラリア人9人が搭乗していたとみられている。

心よりご冥福をお祈りいたします。
Mi pray for the souls.

この度は、いろんな方々より私の安否等々確認のご連絡を頂き有り難うございました。


maloloblog | News | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

農大バニラプリン

東京農業大学、応用生物科学部栄養科学科の調理実習で、パプアニューギニア・マヌス島産のパニラビーンズを使用して頂きました。デザートの「バニラプリン」です。

調理実習風景@農大

生徒数約70名で一斉調理

湯煎中

バニラビーンズを調理バサミで輪切りし、ゆっくりバニラ香を牛乳に移す湯煎方式。バニラは、牛乳・タマゴの臭みを取りまろやかにする役目。
お菓子屋さんには欠かせる事の出来ないスパイスです。

混ぜ合わせ

さすが栄養学科。
男子学生も楽しそう!

仕上がり間近

蒸し上がり。後は裏返すだけ。

農大バニラプリン

できあがったプリンにぶち模様ができていました。
オーブンの温度調節が問題のようです。
だけど手作りの味はとってもまろやかでとろける美味しさ拍手

食べるとあっという間なのねモグモグ
maloloblog | ニッキ | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

パリ祭@レストラン ヴァンサン

先日“パリ祭”にお邪魔してきました。
決して“パプアニューギニア祭”という怪しい響きの祭ではない地球
“パ”は一緒。
場所は、日頃大変お世話になっている六本木にあるフレンチレストラン
「ヴァンサン」
http://www.vincent-la-jo.com/
パリ祭並びに、日本網膜色素変性症協会への研究費の寄付を一貫とした
チャリティー&立食パーティー。

六本木フレンチレストラン ヴァンサン

玄関前でパチリ

フレンチレストランヴァンサン入り口

地下入り口前でパチリ

料理

高級ワイングラスにナミナミと注がれたウーロン茶。
しこたま食べた絶品料理に大満足。
食べるのに夢中で、料理写真は最初に食べたこの1枚だけ・・・
無念。

チャリティービンゴゲーム

レッツビンゴ!

ビンゴ景品

ビンゴ!

マネージャー曰く:「君にはこれしかない!」
包装紙の上から見えた文字「たこ焼き器」ピピピ
私思う:「確かにワインやブランド品よりこっちの方が10倍嬉しいチョキ
運転手付きの車で来るセレブな方々の中、マネージャーも
たこ焼き器を気軽に渡せ、喜ぶのは私か上の写真の子供ぐらいと思っていたはず。なにせ即決でしたから・・・;
もしかしたら子供の親が新品のたこ焼き器を寄付した可能性もある。
そうすると行き先は私しかない。たらーっ
六本木でまさか、たこ焼き器を貰うなんてフ・ク・ザ・ツ

パーティーも終わり城シェフ自ら外でお客様のお見送り。
楽しく思い出に残るパリ祭でした。

その節はありがとうございましたてれちゃうプシュー
maloloblog | フェアー | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

駒沢ランチ

天ちらおろし蕎麦

天ちらおろし蕎麦。980円
サクサクの小えびとタマネギの天ぷら&大根おろしが蕎麦の上にてんこ盛り。
たっぷりのつゆをかけ、混ぜて食べるぶっかけスタイル。
天ぷらもしつこくない・蕎麦のコシも良し・あっさり美味しく頂きました。

この店で昼から焼肉を食べる肉食一家を目撃びっくり
実は私も朝から肉やカレーをガンガン食べれる今風で言う
「コッテリ豚男子」

@駒沢「そば五大」

goroka coffee

パプアニューギニア・ゴロカ地方にいるパートナーよりコーヒー豆の写真が届きました。美味しそうホットコーヒー

maloloblog | ニッキ | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ガレット



タマゴ・チーズ・ハム



キャラメル・生クリーム

ツレ曰く、「今まで食べたガレットの中で一番美味しい。」と大絶賛!
なるほど。
maloloblog | ニッキ | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

神戸スイーツ・コンソーシアム・in東京

先週末、日清製粉にて神戸スイーツ・コンソーシアム in 東京「チャレンジド・プログラム」が開催されました。
講師には、カフェ コンディトライ ランドルトの八木淳司シェフ(オーストリア政府公認マイスター)がマドレーヌの作り方を、8人の受講生の皆さんにご指導されました。

八木シェフのご厚意により、今回私共のパプア・ニューギニア産バニラビーンズを提供させていただきました。祝

八木シェフ

八木シェフの右手に、ニューギニアバニラ。

実習

とても丁寧にご指導中。

西川シェフ

神戸ブランジェリー・コムシノワの西川シェフもこの日はサポート。

マドレーヌ

オーブンから出た瞬間に放つ、あの香ばしい甘〜い香り。たまりません。

2粒見えた

旨いグッド初めて食べた焼きたてマドレーヌ。
ホクホクとした食感は、マドレーヌの基本。

今回、このような講習会に参加出来た事に感謝しております。
これからも、Vanilla Houseは「チャレンジド・プログラム」に超微力ながらお手伝いさせて頂きます。
そしていつの日か、このような体験を、現地の契約農家の方々にも体験してもらえるよう頑張って行きます。

八木シェフそして主催社の社会福祉法人プロップ・ステーション理事長竹中ナミ様、日東商会、日清製粉その他関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
maloloblog | フェアー | 06:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ソロモン諸島マライタ島バニラビーンズ第二弾

パプアニューギニアやソロモン諸島の各地ではバニラの収穫シーズンをむかえております。

バニラ農園

綺麗に管理されているソロモン諸島マライタ島内、ダドリーバニラ農園。
農薬や化学肥料は一切使用しておらず自然栽培にこだわる!?
正直、自然栽培にこだわっている訳ではない。
薬が必要無いのだ!今風?に表現すると「放置栽培・・・?」イヒヒ
※草引き・受粉・間引き・キュアリング作業は重要

収穫間際のバニラビーンズ

結実まで4年間の歳月を費やした。

マライタ島バニラビーンズ

初収穫を間近に迎える。

バニラの中身

あら開いちゃった唖然

日本で必ず!

日本でのデビュー間近。頑張りましょう勝つまでは。
パプアニューギニア・マヌス島Vanilla House農園も進行中!
maloloblog | バニラビーンズ | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/11PAGES | << >> |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
Orchids of Papua New Guinea
Orchids of Papua New Guinea (JUGEMレビュー »)
Andree Millar, Roy Mackay, Margaret Mackay
RECOMMEND
RECOMMEND
Lonely Planet Papua New Guinea & Solomon Islands (Lonely Planet Papua New Guinea)
Lonely Planet Papua New Guinea & Solomon Islands (Lonely Planet Papua New Guinea) (JUGEMレビュー »)
Andrew Burke, Rowan McKinnon, Arnold Barkhordarian, Sean Dorney, Tim Flannery
MOBILE
qrcode
OTHERS